7月15日(火) 全校ドッチボール大会!

いよいよもうすぐで一学期が終わります。体育保健委員の子どもたちが一学期の終わりに全校児童で遊ぼうという計画を立てました。

全校児童にアンケートをとった結果、全校ドッチボール大会に決定!

低学年も楽しめるように高学年の子がボールを譲ったり、お互いを応援しあったり、ほめあったりする姿がたくさん見られました。そのおかげで、学年や体力差関係なく、どの子も生き生きと楽しそうに遊んでいました。

 

7月3日(木) 交通安全教室

亀山警察の方や交通ボランティアの方々にご協力いただき、交通安全教室を行いました。

事故が起こらないように、自転車に乗るときのルールや乗っているときのルール、標識の注意などを学習し、改めて安全について考えることができました。

後半は、実際に自転車に乗って体験し、体で安全のルールを復習しました。交通ボランティアの方々にチェックしていただき、子どもたちは緊張していましたが、生き生きと活動していました。

 

6月13日(金)フリー参観日、なわとび集会を開きました。

フリー参観日には地域の方々もたくさん来て下さいます。

フリー参観日に行う「なわとび集会」では、日ごろの練習の成果を見てもらおうと全校児童が心をひとつにし、クラスでの大縄跳びに挑戦しました。

なわとびが苦手だった子もいましたが、みんなで考え、工夫し、取り組んできた成果が表れました。

回る縄に入るタイミングを掴むのが苦手なら後ろから背中をそっと押して合図する。

信頼関係がしっかり築かれていて素敵な場面でした。

苦手な子の番が来たら縄を少しゆっくり回す。

決められた時間内に目標にしている回数を上回りたいという気持ちも全員が保ちつつ、それでもペースを落として飛びやすくする工夫には、思いやりの気持ちがあふれていました。

ペース配分を掴み、少しくらいの失敗にも「大丈夫!」と、ココロに余裕をもって挑戦できるようになるまで、みんなはどれほど練習を重ねてきたことでしょう。

みんなの気持ちが伝わって、なわとびが苦手だと思っていた子も気持ちを奮い立たせて縄へ飛び込んでいきました。

みんなの達成感にあふれた笑顔が素敵でした。

6月13日(金) フリー参観の様子

児童の学校での生活の様子、授業の様子など朝の会から放課後まで、どの時間でも参観していただけるため、多くの方が来て下さいます。

いつもより緊張気味の子どもたちでしたが・・・

6月13日(金) 5人で約400人分の給食を作っていた!

今日は、栄養教諭の青先生に来ていただき、食の学習をしました。

一年生の子どもたちは、加太小学校で毎日おいしく食べている給食がどのように作られているかを勉強しました。

関周辺の学校などの子どもたちに作っている400人分の給食をたった5人の調理員さんで作っていると知ってみんな驚いていました。

一年生の身長と同じくらいの大きなしゃもじを使って調理員さん体験もしました。子どもたちは、一生懸命作っていただいていることに改めて感謝の気持ちを持つことができました。

6月10日(火)読み聞かせ会が開かれました。

図書館協力員の方による読み聞かせ会があり、1・2年生は教室で、3~6年生は図書室で会に参加しました。

来ていただいた協力員の方に、

「とても静かに真剣に聞いてくれているのが伝わってきました。楽しく読ませてもらえました。」

と、言っていただけました。

6月3日(火)ひまわりの種まきをしました。

昨年度に続き、大震災の被災地復興支援として社会福祉協議会が行う運動に参加し、栽培したひまわりの種を子どもたちのメッセージと一緒に被災地の方々へ届けます。

3,4年生の児童が中心となって活動しています。

5月12日(月)サツマイモの植付けに行きました。

1・2年生の生産体験学習は向井の畑でのサツマイモ作りです。

地域で活躍してみえる鹿伏兎山脈グループの方に指導していただき、今年もサツマイモの苗の植付けが出来ました。

「大きくな~れ!」