亀山高校アドバンスコースの生徒さんと

 今日は、亀山高校3年(アドバンスコース)の生徒さん7人が、5年2組の外国語の授業に特別参加してくれました。生徒さんの中には、5年間もアメリカで暮らしたことがある帰国子女の生徒さんもいました。大変英語が上手で、子どもたちに積極的に話しかけてくれました。子どもたちも、そのような生徒さんに接して、臆せず英語を話そうと努力していました。なんとも微笑ましい光景でした。

 

いかのおすし!

 昨日、亀山警察署生活安全課の警察官の方を招いて、防犯訓練ならびに防犯教室を行いました。不審な人(学校に用事がないのに突然やって来た人)が校舎内に侵入し、児童に皆さんに危険が及ぶかもしれないという想定の下、防犯訓練をしました。ご存知のように、5月に下校中の小学生の子が連れ去られ殺害されるという痛ましい事件がありました。また、少し前には、交番にいた警察官の方を襲って、拳銃を奪い近くの小学校に入り込むという事件もありました。いつでもどこでも起こりうる事件であるという認識をもって対応していかなくてはなりません。
 いつも近くに先生や家族、助けてくれる大人の方がいるとは限りません。自分の体や命を自分で守ることをしっかり学んでくれたのではないかと思います。【いかのおすし】の合言葉をいつも忘れないようにしましょう。「行かない」「乗らない」「大声を出す」「すぐにげる」「知らせる」です。大声を出してにげることは大変有効だと思います。

 

2年 本町ひだまり公園へ

今日は、2年生が本町にある「ひだまり公園」の花壇へ行って、学校で育てたコリウス、マリーゴールド、サルビアなどの苗を植えました。花ボランティアさんが、前もって花壇の整備をされて、子どもたちが苗を植えやすいように、植える場所に並べておいていただいてありました。子どもたちは、順番に植え始めました。ボランティアの方々が、子どもたち一人一人にていねいに教えてくださる光景に接し、地域の方の温かいまなざしを強く感じました。学校で育てた苗が、地域の公園で生長して咲き誇る日が楽しみです。これからも、花ボランティアさんをはじめ、本町の地域の方にお世話になります。

1年あさがおの観察

 1年生が生活科で育て、成長の観察をしている「あさがお」が咲き始めました。もう、観察用のポットにさしてある支柱の高さを超えて、たくさんのつぼみや大きな花を咲かせています。また、夏休みはおうちで世話をしてもらいます。
 そして、1年生は、今週ほぼ毎日プール水泳を行いました。今日は、プールから出ると、すこし寒く感じました。土日はゆっくり体を休めて、睡眠もしっかりとりましょう。

 

危険なブロック塀の撤去

昨日は、富山市内の小学校付近で衝撃的な事件が起こりました。最近、こんな事件が多くて、またか?と思ってしまうことはいけないことだと自分に言い聞かせています。警察官の方をはじめ、事件にまきこまれて命を落とした方のご冥福をお祈りします。
話は変わりますが、先週の月曜日に起こった地震で、震源近くのブロック塀が多数倒壊しました。そのブロック塀の下敷きになって、亡くなられた子どもや大人がいました。建築基準に合っていないブロック塀が危険であることが分かりました。亀山市内の小中学校にも、あの後すぐに調査しました。その結果、亀山東小学校も、危険と思われるブロック塀が2か所ありました。一つは、体育館と校舎の間にあるブロック塀と、もう一つはプールのシャワーの両横ブロック塀です。両方とも撤去することになりました。
今日も、30度を超す勢いです。1年生のプール指導をいっしょに行いました。体調不良で参加しない子はほとんどいません。みんな元気にプールに入っています。昨日もお伝えしましたように、水の中に顔をつけることに慣れていない子は少しずつ慣れさせていくことが大事だと思います。(写真は、1年、5年のプールと1年、6年の体力調査です。)

 

真夏日?

 今日は、日本各地が夏日、真夏日になる陽気でした。亀山市も夏場は高温な地域ですので、かなり気温が上昇したのではなでしょうか?3時限目に、1年生の水泳指導をいっしょにしました。この時刻で気温28度、水温30度でした。1年生の児童は、水の中で目を開けたり、顔をつけたりすることができない子がけっこういました。まだまだ水に慣れない子もいると思います。恐怖心を抱いている子もいるでしょう。お風呂に入ったときなど、遊びながら顔をつける練習をするなどしてみてはどうでしょう?

 

国語科研修会を実施

 今日、月曜日は通常5時限の日課ですが、私たち教員の国語科研修会のため、午後の授業を実施しないで早い下校となりました。実は、6月15日の外国語研修会に続いて、今日の研修会にも、文部科学省の教科調査官の先生が指導に来ていただいています。文部科学省(東京)に戻る時刻を逆算しまして、どうしても午後の早い時間から始める必要がありましたので、このような対応をしました。国語は、普段使っている言葉ですが、言葉を豊かに話したり、書いたりすることは難しいものです。国語が好きという子を増やしていきたいと思います。

 

 

昨日は夏至でした!

昨日は夏至でした。1年のうちで昼の時間(太陽が出ている時間)が一番長い日です。梅雨時ですので、ちょっとその実感が薄いようですが、幸い、今日は梅雨の中休みとなり、水泳を予定している学年は、プール水泳を実施できました。
いよいよ、6月も残すところあと1週間です。天気予報を見ると、来週もずっと☁や☂マークが続いています。梅雨なので仕方ありませんが、今日のように、運動場で元気に遊ぶ日が時々でもあるといいなと思いました。でも、外で遊べない日は、読書に親しみましょう!(写真は、1年のプール水泳です。)

ソフトボール投げ!

1学期中に、全校児童が体育の時間等を利用して、「平成30年度全国体力・運動能力調査」を実施しています。この調査の目的は、次の通りです。
(1) 子供の体力・運動能力等の状況に鑑み,国が全国的な子供の体力・運動能力の状況を把握・分析することにより,子供の体力・運動能力の向上に係る施策の成果と課題を検証し,その改善を図る。
(2) 各教育委員会,各国公私立学校が全国的な状況との関係において自らの子供の体力・運動能力の向上に係る施策の成果と課題を把握し,その改善を図るとともに,そのような取組を通じて,子供の体力・運動能力の向上に関する継続的な検証改善サイクルを確立する。
(3) 各国公私立学校が各児童生徒の体力・運動能力や運動習慣,生活習慣,食習慣等を把握し,学校における体育・健康等に関する指導などの改善に役立てる。
実技に関する調査として、次の8種目あります。握力,上体起こし,長座体前屈,反復横とび,20mシャトルラン,50m,立ち幅とび,ソフトボール投げ
また、5年児童に対しては、一人ひとりに対して運動習慣,生活習慣等に関する質問紙調査があります。【写真は5年ソフトボール投げです。服部たくし先生が投げたソフトボールは、なんと陰涼寺山まで飛んでいきました!】

4年 総合環境センターへ

今日、4年生は市のマイクロバス(3台)を使って、校外学習として亀山市総合環境センターへ行きました。最初に、担当の方から、総合環境センターの仕事の内容や機械のことなどを聞きました。その後、「ようゆうろ」からゴミが溶けて真っ赤に燃えて流れてくる【しゅっとう】作業を見ることができました。子どもたちは、興味津々で真っ赤に燃えたゴミのゆくえを見ていました。
二つの班に別れて、ビデオで施設の概要を視聴する班と、施設内を見学する班に分かれて学習を行いました。施設内は、とにかくきれいに清掃されて、一つのゴミも落ちていませんでした。(さすがです!)パッカー車がやってきては、大きなゴミをためておくピットの中にゴミを放りこんでいきます。そして、そのゴミの山から、これまた巨大なクレーン(UFOキャッチャーのようなもの)がゴミをつかんで、「ようゆうろ」の中に運んでいきます。1回のUFOキャッチャーで500kgのゴミをつかむそうです。
亀山市では、全国的にもいち早く、ゴミを焼却する方法から、「ようゆうろ」でゴミを溶かすシステムに変えた自治体です。煙突から煙も出ないし、有害ガスなども出ないので、健康にも環境にも優しいと言えます。