6年生を送る会

2月26日(水)に6年生を送る会がありました。今まで在校生が6年生のためにこつこつと準備して今日を迎えました。会場には壁画や似顔絵が飾られ、準備が整いました。

1年生は6年生にいろいろなことで挑戦しました。といっても、普通に勝負したら勝てませんので、偶然で勝てる可能性のあるじゃんけん勝負(おちゃらかほい)、なわとび勝負(6年生はハンデで後ろとび)などです。最後はけん玉勝負でこちらは真っ向から勝負を挑み、何と勝利してしまいました。まさか1年生に負けるとは思っていなかったかもしれませんが、きっと練習を積んで本気で挑んだのでしょう。たくましい1年生に脱帽でした。

2年生は「なべなべそこぬけ」や「パプリカ」の発表です。オリジナルの工夫も入っていましたが非常によく練習してありました。よく見ると、6年生も身振り手振りでおどっていました。

3年生は「お菓子の好きなまほうつかい」の替え歌でした。はっきりとした声でユニークな歌と演奏の組み合わせでした。6年生も笑顔で聞き入っていました。

4年生は、なわとびやとび箱、パフォーマンスの組み合わせでした。これらのかっこよさは6年生だけでなく低学年にも大うけでした。運動会では組体操にかわる種目を模索中ですが、これは1つのヒントになるような演技でした。

5年生は全校で楽しめるクイズと、6年生を送る会そのものを盛り上げる役割で活躍しました。一人ひとりの分担をきちんと自覚して、立派に運営をすることができました。もう一つの主役と言えるような働きぶりでした。

最後は真の主役の6年生です。今までの学校生活を振り返る発表と、「ラバーズコンチェルト」の合奏で締めくくりました。

保護者の皆様もたくさん参観いただきましてありがとうございました。感染症対策で記名や消毒など入場に時間がかかってしまいましたが、ご協力ありがとうございました。

 

 

3年社会見学

今日は3年生が社会見学(校外学習)を行いました。行先は「マックスバリュ亀山店」です。学年単位だと人数が多いので、クラスごとに時間差で訪問させていただくことになりました。

日常の買い物の中で、スーパーマーケットにはよく行くと思います。しかし、私たちが知っているのは店舗の表側だけで、それらの商品が並ぶまではどのようになっているのか、レジの人以外にはどのような人がいるのかなど詳しくは知りません。今日は、その点に焦点をあてて学習を進めました。

まず初めに見学をしたのは、商品が搬入される場所です。多くの商品が並んでいましたが、ほんの数日分の在庫と聞いて子どもたちはびっくりしていました。マックスバリュ亀山店には5万点の商品があり、どんどん補充する必要があるからです。常温の食品、日用品、そして野菜などそれだけですごい量でした。また、冷蔵品や冷凍品などを保管するところは冷蔵庫というよりも部屋のようで、大変大きな施設でした。それらを保管する棚はなく、折りたたみも運搬もできるキャリアや、折りたためるコンテナで、荷物がなくなったら小さくできることで場所を取らないという工夫も見ることができました。

質問コーナーでは店長様が子どもたちにもわかるよう、ていねいに答えてくださいました。おもしろい質問もあり、一番売れる商品は「数としてはもやしです」という答えに、みんな納得。たしかに、もやしは山のように並んでいますが、夜に行くと売り切れていることも多いです。

また、高額商品はどのようなものがあるかという質問の中に、「最近は韓国製のマスクを高額商品として扱っています」という答えが。スーパーは品ぞろえが豊富である必要があると思いますが、本当にいろいろな商品を扱っているのだと実感しました。

本日お世話になりました「マックスバリュ亀山店」の皆様、お忙しい中ありがとうございました。

3年生 社会見学

今日は3年生の社会見学がありました。行先は亀山市ならではの特徴的な場所3か所です。

三重県は国内有数の茶どころで、その中でも亀山市はお茶の生産が盛んなところです。まず最初に訪れたのは三重県農業研究所茶業研究室です。ここでは、様々なお茶の品種を栽培して研究を進めており、製茶工場なども併設されています

亀山市で生産される代表的なお茶や、付加価値をつけたかぶせ茶、珍しい国産紅茶のお話もありました。

 

次に訪れたのは三重ローソク株式会社です。国内のローソクのかなりの部分が亀山市で生産されており、国内だけでなく海外にも輸出されています。国産ローソクは品質もよく、芸術的でもあり、香りが楽しめるものなど生活の中で広く使われています。生産は機械化が進んでいますが、人の手による工程も多く、職人技の部分も見ることができました。

 昼食後、最後に訪れたのが関のまちなみです。

関宿は観光地としても有名ですが、他の宿場町と違いみやげ物屋さんが並んでいるまちなみではありません。古くから街道のまちであり現在も生活の場となっています。今年から社会見学に関宿を組み込んだのは、関の山車会館が今年7月にオープンし、歴史などを学びやすくなったためです。子どもたちは山車の大きさと豪華さにびっくりしていました。ぜひ祭りの日に実物を見て欲しいと思います。ちなみに次回山車が出るのは113日の街道まつりの日です。ご家族でいかがでしょうか。

 

年度後半のスタート

10月に入り年度の後半がスタートしました。その区切りの日にふさわしい行事やできごとがありましたので紹介します。

毎年101日から赤い羽根共同募金が始まります。共同募金で集まったお金は教育の分野でも活用されますので、朝7時から募金活動にボランティアで参加して、そのあと学校に向かいました。通勤通学の忙しい時間帯でしたが、多くの方に協力して頂きました。

 

2限目は後期児童会役員の立会演説会と投票がありました。今回も多くの立候補者がおり、よりよい学校になるためにそれぞれの思いを演説しました。

 

本日から図書館のシステムが更新されました。新しい機器と管理ソフトが導入され、しばらく停止していた貸し出しが再開されます。以前の図書館は代本板と貸し出しカードといったアナログでしたが、今は全てバーコード管理となっています。貸し出し管理だけでなく各種分析などもできる優れものです。しかし、図書館はアナログ部分も大切です。秋らしい掲示物と、子どもたちが大好きなちょっぴり怖いお話の紹介がありました。本を借りたくなるような工夫は、アナログが効果的ですね。

そして、3年生で教育実習を行っていた実習生。約1か月の実習期間が終わり明日から大学に戻ります。クラスではお別れ会とプレゼントが、実習の先生からも1人1人に手紙を渡してもらいました。出会いがあれば別れもあります。別れがつらくて涙を流す子もいましたが、いつの日か本当の先生として戻ってきて欲しいと思います。

いまだに元気なオクラの花 ようやく咲いたヒガンバナ

クールビズは終了しても長袖や上着はまだちょっと・・・

10月のスタートは暑い1日でもありました。

 

登校日と平和学習

今日、8月6日は登校日でした。この日を登校日に定めたのははるか昔のこと。平和学習にふさわしい日として、広島に原子爆弾が落とされた8月6日、その日が土日にあたる年は長崎に原子爆弾が落とされた8月9日を登校日とするようになりました。

 

低学年は絵本館で「いのりの石 ~ヒロシマ・へいわへの いのり~」という本の読み聞かせを行いました。

広島に原子爆弾が落とされ、どのような願いを込めながら女の子たちは「いのりの石」を彫ったかという問いに対しては、「せんそうがくりかえされないように。」「たのしいくらしになったらいいな。」「へいわでくらしたいな。」という感想がありました。

 

中学年は「夏服の少女たち」というビデオの視聴を行いました。

「白いご飯が食べられる今はとても平和であることがわかりました。」「授業ではなく作業だったのにはおどろいた。」「子どもも作業を行う中で命を落としてしまったのは悲しかった。」という感想がありました。子どもも戦争に駆り出され、そして犠牲になった悲しい歴史がありました。

     

高学年は列車銃撃事件など亀山であった戦争の話を、地域の方(元先生で、戦争などの歴史を調べ、後世に残す活動をしている)から聞きました。一般の人がたくさん乗っていた列車が飛行機からの銃撃に遭い、40名ほどの死者(実数は不明)が出たという事件です。「近くの民家に助けを求めた母親が血だらけになった幼児を背負っていて、首から上がない幼児はすでに死んでいた。そのことに母親が気付いていたのかは不明だが、その民家の住人はそのことを伝えられなかった。母親にはうちでは何もできないので亀山駅に行くように伝えた。」「その後、その母親と思われる方が駅の所でずっと泣いていた。」という話の感想としては、「話の中で一番しょうげきてきだったのは、首のない赤ちゃんのことです。その赤ちゃんはかわいそうだし、そのお母さん、首のない赤ちゃんを見た人もかわいそうです。かといって、アメリカ兵も殺したくなかったかもしてないし・・・。」

この事件を風化させないために、天神の中村公民館に列車銃撃事件を伝える説明版が8月2日に設置されました。この事件が起こったのも8月2日のことでした。

 

戦争は残酷です。そして犠牲になるのは一般の人々です。兵士もまた、もとは1人の市民です。戦局がひどくなると兵士と民間人の区別もあいまいになります。

戦争という過去を変えることはできませんが、歴史に学び、これからの未来を変えていく取り組みとして、平和学習は脈々と受け継がれてきたものです。

この時期、平和に関するテレに番組が多く放映されます。ぜひ親子で番組を見て平和の大切さを考える機会にして頂ければと思います。

 

栽培活動(後編)

本校の花壇や学級の畑などを見ていると、季節に応じた花や作物が植えられています。なかよしの畑にはもうトウモロコシの花が咲いていました。トウモロコシはひげの部分に花粉がつくと、ひげの数だけ実がなるという話をしたらびっくりしていました。他にもサツマイモやミニトマトが勢いよく育っていました。

3年生の畑には大豆が植えられていました。この時期なので枝豆でしょうか。ホウセンカやマリーゴールドの花もありました。理科で植物の育ちや花のつくりの勉強があるのでこれらは教材にもなります。

4年生はヘチマ園の準備できれいに草取りをしました。この時期の草は手ごわいので大分苦労をしていたようです。その苦労のプロセスも大切ですね。

高学年の畑にはズッキーニが植えられています。ズッキーニはカボチャと違って場所をとらず、カボチャ以上に雄花と雌花の区別がはっきりしているので、理科の教材にもってこいです。そして、たくさん取れ過ぎたら給食の食材にもなります。野菜炒めやパスタに入れると大変おいしいですね。オクラも植えてありますが大変美しい花が咲きます。1日で落ちてしまうので切り花にはできませんが、鑑賞用に、そして体に良い食材として活躍します。

栽培委員会はマリーゴールドやサルビアなど、夏から秋にかけて花壇を彩る花を育てています。花壇のほかにも郵便局や幼稚園、高校や学校近くの施設などに配る予定です。

歴史博物館での校外学習

3年生は亀山市歴史博物館へ校外学習に出かけました。

今日の目的は、まず歴史博物館には何があるのか、どのようなことを学べるのかということにあります。博物館そのものの学習です。

博物館の役割としては①集める②調べる③集めて調べたものを展示する④広める・・ということなどがあるそうです。そして、博物館で働くのは館長さん、学芸員さん、受付の方、事務やシステムの管理を行う方など役割分担があるそうです。

その後、実際に展示物の見学を行いました。子どもたちはもっと詳しく知りたくなった様子でしたので、これからも校外学習等で歴史博物館を利用していく予定です。

 

学校への帰り道は行きよりも暑く、休憩や水分補給なども行いながら帰ってきました。実は今日から教室に新たに設置されたエアコンの試運転が可能ということで、3年生は給食時から試運転開始。快適な環境での給食だったので暑さの影響もほとんど見られず、食欲も旺盛なようでした。

 

 

手紙の書き方教室

今日は日本郵便株式会社様のご協力で、手紙の書き方教室がありました。今までに年賀状を書いたことがある子は多いのですが、普段は手紙(はがき)を書いたことはほとんどないようです。季節のお便りや近況の報告、旅の思い出など、手紙のよさと、手紙を書く時のルールなどを学びました。

まず初めにゲストの先生から、はがきの場合(手紙でも同じですが)郵便番号、住所、宛名、自分の連絡先、自分の名前、これら5つの手順があることを学びました。次に、裏面の書き方、挿絵を添えると楽しい手紙になることなども学びました。

先生は絵も大変上手で、夏の季節の挿絵の見本が示されると「すごい!きれい!」という声も聞かれました。その見本をお借りして挿絵を描きました。

みんな真剣で2時間の授業もあっという間に過ぎてしまいましたが、たいへん美しい手紙が書けたので大満足の様子でした。

メールやSNSはスピード感や気軽に送れる良さがありますが、後に残り、送った人の気持ちがじわっとしみてくる手紙の良さを知ることができました。

運動会の見どころ(その1)

今日は1日晴天に恵まれ、先週ほど暑くなかったので運動会の練習日和でした。

お楽しみは当日に取っておきたいので、ネタバレにならない程度に当日の見どころをお伝えします。(今日は中学年、高学年です。低学年は明日お伝えします。)

中学年「東小ソーラン 令和元年」のみどころ

元気と力強さ、学級の団結を表現しました。

元気な掛け声、衣装や隊列の変化にも注目をしてください。

  

高学年「仲間とともに」のみどころ

技の難度や高さを求めるのではなく、表現活動としてのきびきびとした動きを中心に練習しました。目線や表情、仲間とともに創り出す集合と調和の美しさにも注目してください。

 

3年まちたんけんへ

 今日は、3年社会科の「まちたんけん」をお伝えします。4月に亀山高校の校舎屋上から市内を見回しました。学校を中心に町の様子を知るために、西の方へ歩きました。東町商店街を通って、市役所や亀山西小学校付近まで歩きました。商店街の様子、学校が避難所になっている看板、郵便ポスト、東町ふれあい公園、ナカヤさん、本屋さん、ケーキ屋さんなどのおなじみの店を見つけました。今日は木曜日ということで閉まっているお店もありましたが、商店街の様子などを知ることができました。