5年1組俳句紹介

先日、5年生が亀山俳句会の先生の指導の下、俳句を学習し自分たちの俳句をつくりました。子どもらしい句もあれば、大人顔負けの句もありました。今日は、5年1組の句を紹介します。勝手ながら、私流に鑑賞しまして、数ある中から『入選・特選俳句』を選びました。短歌も俳句も、読者がどう読むか、どう感じるか、それは読者に任されていると思います。あくまでも、素人の私が選者として選んだ句です。
注1:縦書きでないといけないのですが、HPへの掲載のため横書きです。
注2:五七五の間は空けないのですが、読みやすくするために1字分空けてあります。【佐藤和夫選 入選12句】
①ねる前に 歌ってくれる 虫の声
②テスト中 ふと見上げたら いわし雲
③夕ぐれの 空をとびたつ 赤とんぼ
④栗の飯 とてもおいしい ごちそうだ
⑤敬老日 ばあちゃんたちに プレゼント
⑥お年玉 貯金をされて 大ショック
⑦友達と いっしょに帰る 秋の風
⑧すずしいな ふとんかぶって 秋の夜
⑨安室ちゃん 秋に引退 悲しいな
⑩夏祭り 友達と行く 最後の日
⑪夕ぐれに 小鳥とびかう 秋の空
⑫赤い花 調べてみたら 彼岸花
この中から、さらに特選を3句選びました!
【3席】赤い花 調べてみたら 彼岸花
今、まさに田んぼのあぜ道に咲きかけていて、私も毎朝見ています。「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、朝晩は特に涼しくなりました。ヒガンバナは1本で咲いていても目立ちます。作者は実際にヒガンバナを見たのかどうかは分かりませんが、調べてみたらというのがきいていますね。たぶん、ふだんから、わからないことがあると、辞典や本で調べたり観察したりしているのでしょう。
【2席】ねる前に 歌ってくれる 虫の声
この句、私の今の体験とピッタリなので選ばざるをえませんでした!夕飯を食べるときも、孫と風呂に入っていても、そして、寝るときも、窓から子守歌のような優しい声が聞こえてきます。セミにはまことに悪いですが、夏の暑い日に聞こえてくるセミの声には、窓をしめてエアコンを使ってしまいます。
【1席】テスト中 ふと見上げたら いわし雲
いやはや、大人顔負けの名句の誕生です。俳句教室の時間、実際に窓からふと空を見上げると、いわし雲がただよっていたそうです。教室の中の限られた空間から、遠く広大な秋の空に視線が移っていくところがいいですね。そして、テストの課題に悪戦苦闘している姿と、そこから解放される心地よさが感じられます。技あり!いや、1本です。

5年1組 和食を体験

 5年生は、来週の水曜日から木曜日に鈴鹿市青少年センターで宿泊研修が予定されています。先日の5年2組に続いて、岡田さん(亀山市西町在住)をはじめ、子ども食堂を運営されているボランティアの方々が、5年1組の調理実習に講師として来られました。新米のごはんを炊き、みそ汁はかつお節のだしをとって作りました。お米のかしかたや吸水時間などを知りました。「だし」は日本古来の食材の味をひきたてるものです。最初、椎茸、昆布、煮干しの3つのだし比べをしました。ふだんおうちでは、ゆっくりとだしをとる時間がないので、簡単なインスタント風のだしに頼ります。本格的な和食を支えるだしを学びました。子どもたちには、「椎茸のだしがおいしい!」という感想が聞かれました。
 みそ汁のみそも3種類用意してもらい、それぞれの味わいを確かめました。豆こうじ、米こうじ、麦こうじです。各班によって味の違うみそ汁をつくりました。それぞれに特徴があり味わいがありました。3つすべて混ぜ合わしてつくったみそ汁も結構いけました。
 代表の岡田さんさんは、授業の中で子どもたちにわかりやすい口調で、食の大切さや日本古来のご飯やみそ汁のおいしい作り方を説明されていたのが印象に残りました。本校の教育協議会の委員でもある森敏子さんも駆けつけてくれました。

 

5年俳句に挑戦


今日は、5年生が俳句教室に参加しすばらしい名句をつくりました。講師に、元学校の教員をされていた先生で、長く俳句にかかわってみえる俳句協会の方々4人の先生に手ほどきを受けました。子どもたちが作った作品は、また後日紹介させていただきます。
有名な俳人である正岡子規が生まれて150年余り。俳句は、五七五の十七音で、季節を表す言葉の「季語」が一つ入っているのが基本です。江戸時代に松尾芭蕉が芸術性を高め、そして、明治になって正岡子規がさらに個人の感性が豊かに表現できる「俳句」という文学に高めました。最近、テレビ番組でタレントに俳句を指導している夏井いつきさんを見かけますね。夏井さんはもともと、中学校の国語の先生でした。NHKのEテレでも、俳句の番組を担当しています。夏井さんによると、俳句づくりは五感をフルに発揮することが大切だと言います。

2.3年生が和太鼓コンサートを鑑賞

今日は、2・3年生と5年生が、ふれあいコンサート【的場凛 和太鼓コンサート】を鑑賞しました。このコンサートは、亀山文化会館主催のアウトリーチ活動の一環として、小学校対象に招待演奏を行うものです。昨年の10月にも、今の3年が体験と鑑賞をしました。体育館に入場すると、目の前に、たくさんの太鼓が並べられていて、始まる前から興味津々でした。大きな太鼓の音にびっくりする子、耳をふさぐ子、手拍子をする子、目を輝かして見つめる子など、反応は様々です。
的場 凛さんは、鈴鹿市ご出身です。三重県を中心に活動しながら、全国を飛び回っているそうです。昨年同様、フルート奏者の中野 恭子さんとのコラボでした。演奏の途中で、2・3年生全員の児童が太鼓をたたく体験もしました。保育園や幼稚園でたたいた子もいましたが、和太鼓をみんなで合わせてたたく体験は初めてだったのではないでしょうか?
凛さんは、太鼓の演奏だけでなく、子どもたちへの語りかけが大変お上手で、子どもたちは、表情豊かな凛さんの話に引き込まれていました。和太鼓の迫力ある音、繊細な響きに感動を覚えました。また、来週25日(火)にも行い、4年と6年が鑑賞します。

かつお節から

 5年生は、まもなく鈴鹿市青少年センターで宿泊研修が予定されています。今日は、岡田さん(亀山市西町在住)をはじめ、子ども食堂を運営されているボランティアの方々が、5年2組の調理実習に講師として来られました。新米のごはんを炊き、みそ汁はかつお節のだしをとって作りました。「だし」は日本古来の食材の味をひきたてるものです。最初、かつお節、昆布、煮干しの3つのだし比べをしました。ふだんおうちでは、ゆっくりとだしをとる時間がないので、簡単なインスタント風のだしに頼ります。本格的な和食を支えるだしを学びました。子どもたちから、「おいしい!」という声が聞かれました。来週、5年1組を予定しています。

 

FBC中央審査終わる

今日は、FBC学校秋花壇の中央審査がありました。8月末に地区審査があり、中央審査に進んだことをお伝えしました。9月末ごろに審査結果が出まして、新聞紙上にも掲載されると思います。これまで、栽培委員会の子どもたちとともに、花壇のお世話やご指導をしていただいている地域の花ボランティアさんのおかげで立派な花壇になりました。まさに、地域の方々と共につくるFBC花壇であります。日頃のご協力に感謝申し上げます。
学校内の花壇だけでなく、本町ひだまり公園の花壇も中央審査の対象となっています。2年生の子どもたちが、毎年春と秋に植え替えをしています。また、亀山高校、亀山東幼稚園、郵便局さんをはじめ、お世話になっている近隣の商店さんなどにプランターの寄せ植えもプレゼントしています。これからも、きれいな花を咲かせて環境の整備に努めたいと思います。

東っ子タイム

今は二十四節気の「白露」といいます。6年国語の教書に、このように説明されています。草木の葉につゆが結ぶころ。このころから、だんだん秋らしい感じが増してくる。草花の上に降りた朝露が、白く涼しく見える頃。夏から秋への変わり目です。「露が降りると晴れ」という言葉があり、朝霧は1日の天気を伝えてくれます。本当にめっきり秋らしくなりました。今日は、業間休み時間に、児童会の東っ子タイムを行いました。全校児童が、各班別に分かれて遊びをしました。全部の班を見て回ることができませんでしたが、ハンカチ落とし、いす取りゲーム、じゃんけん列車、なんでもバスケット・・・などで楽しみました。
また、今日は、学校花壇と本町ひだまり花壇のFBC中央審査が行われました。これについては、明日お伝えします。

自治会長さんによるあいさつ運動

今朝は大変涼しい天候となりました。亀山東小学校区の各自治会長さんが、一斉に学校付近において児童への挨拶運動を行いました。自治会長さんのかけ声に、子どもたちも「おはようございます!」と挨拶を返しておりました。
私も学校付近で毎朝、子どもたちに「おはよう!」と呼びかけています。みんなが、大きな声で明るくはっきり言えません。また、自分から積極的に言える子が少ないのも実態です。見守りの方、地域の方も歯がゆい思いをしてみえることも耳にします。でも、挨拶は、目下・目上・年齢に関係なく、繰り返し私たち大人が、家庭や地域があきらめないで続けることが大切だと思っています。これからも、私たち大人がいい見本を子どもたちに見せてあげようではありませんか。
また、昨日お伝えしたように、5年生は音楽会に参加します。合奏曲の練習を自主的に朝の休み時間や昼休みに音楽室でやる子が増えてきました。

音楽会に向けて!

今週もスカッとしない天気が続きそうです。北海道地震の被害状況がだんだんわかってくるにつけ、被災された方々のご苦労がいかばかりかとお察し申し上げます。どうにか電力が復旧したそうですが、丸二日、三日も停電が続くと、各家庭生活をはじめ、食料関係の事業所や工場などは食材や在庫、操業がストップすることで、甚大な被害が及ぶようです。私たちの住んでいるところで、もし、このような停電が発生したら?こんなことも想定して、対応できるようにしておく必要があると感じました。
今日は、5年1組が学習している音楽室を参観しました。5年は、亀山市小中学校音楽会への参加という大きな行事を予定しています。その音楽会に向けて、練習が始まりました。

PTA奉仕作業お疲れ様!

本日は、第2回PTA奉仕作業を行いました。2.3.6年生の保護者の皆様と、第1回にご都合が悪かった方にご出席いただきました。今回は、校舎内の教室を中心に、窓、流し場、トイレの清掃、図工室、理科室、音楽室の清掃・整理整頓などを行っていただきました。子どもではできない箇所を重点的にやっていただき大変きれいになりました。さすが、大人の力、保護者さんの力はすごいなと感じました。早朝より本当にお疲れ様でした。また、この後、地区委員会も予定されていますので、地区委員さんにはお世話になります。