1年 どうぶつの赤ちゃん

 今朝早く、西の空に大きな満月が輝いていました。西の山に沈む直前です。とても美しいです。天体ショーが見られるとのことですが、さすがにこの時期、夜中に外へ出て空を見上げるには辛いものがあります。
 さて、昨日、1年2組の国語の授業を他の教職員や外部講師(亀山市教育委員会や三重県教育委員会の各指導主事)の先生方で参観し研修をしました。教科書の教材「どうぶつの赤ちゃん」を読んだ後で、子どもたちが自分の紹介したい動物を図鑑などで調べて、生まれたときの様子や大きくなっていく様子を中心にまとめました。となりの子同士で交流する場面がありました。ゾウを調べた子がいて、生まれたときに、人間の大人2人分の体重があると伝えると、みんなびっくりしていました。このように、教科書を読むだけでなく、いろいろな図書や図鑑などを自分から手に取り、知りたいことを調べたり、まとめたり、伝えたりする力を1年生から身に付けていきます。

税の教室

 今朝も、厳しい冷え込みになりました。校庭の池にもかなり厚い氷が張りました。プールも氷が張っていました。
 さて、今日は、鈴鹿税務署の方に6年生に対して「税の教室」の授業を行っていただきました。毎年、6年生を対象に開いているものです。子どもたちにとって、税金の中でも関心が高いのは、消費税です。世界の国々の中には、税金は納めないかわりに、救急車や消防車を呼んだら、その実費を支払う国や地域があるそうです。日本は、税金を国、県、市などに納めるかわりに、教育や福祉、安全に関わるサービスを受けています。税金の役割を正しく知り、将来社会へ出たときに正しい判断や行動ができるようになればいいですね。

3年 栄養素について学ぶ

 土曜日から日曜日にかけて開かれた「亀山大市」には、多くの児童のみなさんが出かけたことでしょうね。ただ、天候は大寒にふさわしく、特に土曜日は、雪のちらつく、風の強い日となりました。いよいよ、あと3日で1月ともお別れです。もう、節分(立春)がすぐそこまで来ています。
 さて、今日は3年生を対象に、川崎小学校の上田栄養教諭が食育に授業をしました。3つの栄養素について学習しました。食材をあか・きいろ・みどりのなかまに分けて、どのなかまもバランスよく摂取することが大切であることを知りました。今日の給食は、【ごはん、さわにわん、さばのみそに、こまつなのおかかあえ、牛乳】です。

ぞうきんを在校生に

 6年生が学年閉鎖を終えて、今日から登校しました。まだ、インフルエンザで休んでいる子はいますが、すべての学級がそろいました。今週の水曜日に、「とちの木集会」で6年生が合唱を発表する予定だった曲は【変わらないもの】(山崎朋子 作詞・作曲)です。山崎さんは、元は学校の先生でしたが、たくさんの合唱曲の作詞や作曲をされています。この曲は、中学校の3年生を送る会などでも、よく発表されるそうです。歌詞を紹介します。次回2月の「とちの木集会」で発表する予定です。(写真は、6年生が家庭科でぞうきんをぬい、在校生への贈り物にします)

あなたがいて わたしがいて
ふりかえれば 笑顔がある
桜が咲き 季節めぐり
それでも そこにあなたがいた
遠く 遠く
陽炎がのぼる坂道
いつか 景色が変わっても
変わらないものがある 心の中に
君と出会った幸せを
かみしめながら 歩いていこう
1年先も 10年先も
これからも ずっと
悲しいとき うれしいとき
つらいときも あなたがいた
当たり前のことのように
見える景色に あながいた
ずっと ずっと
立ち止まってはいられない
いつか その手を離したら
自分の未来を さあ つかみ取るんだ
君がいたから 頑張れた
支えあうこと 分かち合うこと
あふれるほどの 愛をくれた
あなたにありがとう
君と出会った幸せを
かみしめながら 歩いていこう
1年先も 10年先も
変わらない想い これからも ずっと

おにぎり給食

 1月24日から30日までは「全国学校給食週間」です。学校給食が始まったのはいつかご存知ですか?なんと、明治22年に山形県鶴岡町(現在の鶴岡市)の小学校で、貧しい子どもたちを対象に無償で提供された昼食が、日本で最初の学校給食だといわれています。当時の献立はおにぎり、塩サケ、菜の漬物などが出されていたといわれています。詳しくは、配布しました給食献立表に書かれています。
 さて、今日25日(木)は、おにぎり給食です。献立は、ごはん、のり、しおざけ、うめぼし、こめこのすいとんです。1年生の児童は、ごはんを握るのがやや難しそうでしたが、「おいしい!」と言っていました。ごちそうさまでした!

校庭が銀世界に

 今朝は、天気予報通りの雪景色となりました。家の前の道が真っ白だったので、道路状況に配慮して、歩いて学校に行きました。すると、北鹿島の信号付近の坂道を除雪作業や、融雪剤をまいてくださっている地域の方がみえました。さらに、亀山高校へ上る階段にも融雪剤がまかれてありましたので、会談には雪は残っていませんでした。本当にありがたいことです。ふだん車で通勤していると気が付かないことです。
 大寒に入りまして、寒さのピークを迎えています。全国的にインフルエンザが流行っているようです。学級閉鎖にならないまでも、5~6人休んでいる学級もあります。睡眠と休養を十分とって健康管理に注意してください。

登校時、雪に注意を!

 昨日、群馬県にある本白根山が噴火し、スキー場で訓練をしていた陸上自衛隊の隊員さんお一人が噴石に当たってお亡くなり、他の隊員さんやスキーヤー客も負傷したとのことです。現場にいた方々は、さぞ驚いたというか、命の危険を感じたはずです。訓練をしていて犠牲にあわれた隊員さんのご冥福をお祈り申し上げます。
 さて、今日から日本列島が強い冬型の気圧配置になり、平野でも積雪になるとの気象予報が出ています。本日、配信メールでもお伝えしますが、明日からの登校について、道路状況や自動車の走行などに十分気を付けてください。(写真は、2年2組図工です)

3~4年は毎週1時間英語活動を

 このあたりは、雪の影響はありませんでしたが、関東地方、東京都内は雪が積もりましたね。さて、先日もお伝えしましたが、3~4年生が3学期から毎週1時間、英語活動の時間が始まりました。今日は、3年3組さんを参観(参加?)しました。古市さん(ボランティアさん)にも授業に入ってもらいました。古市さんは本町在住の方で、学校の校門前で交通安全ボランティアもしていただいています。今日は、英語でジェスチャーをつけて感情豊かにあいさつをする学習です。

 

6年学年閉鎖

 今月の27日(土)~28日(日)に、亀山市の伝統行事である大市が開かれます。100年以上前から続いているそうです。6年生は準備を進めてきましたが、週初めの今日、6年生1組、2組ともインフルエンザや体調不良で欠席している児童が多数います。そのため、明日から3日間(火~木)にわたり、学年閉鎖とします。子どもたちの健康面を考慮して、土曜日に予定しておりました『出店』は中止にします。伝統行事になった大市への出店を中止にするのは、大変残念ですが、ご理解のほどよろしくお願いします。
 今日は、第5時限に5年1組と6年2組の国語の授業公開を行い、市内、県内の教員の方々がたくさん参観します。その後の講演会で、文部科学省の教科調査官の菊池先生という方が、国語の授業づくりや指導のポイントについて話されます。(写真は、5年国語の授業の様子です)

読売新聞に紹介

 昨日お伝えした5年生の社会科の授業のことが、本日の読売新聞朝刊(地域)に記事となって掲載されていました。読売新聞を購読されているご家庭は少ない?かもしれませんので、ここに紹介させてもらいます。27ページの地域の【肩】(紙面の左側)に、「大枠つかみ楽しく読もう」~亀山東小学校で出前授業~という見出しがついていました。これから新聞に興味をもって、楽しく読んでください。(写真は、新聞の記事のほか、今週行った5年体育の授業で体つくりの運動です。)