2019年度(令和元年度)校外研修

6月7日(金)に、『スタDaytrip』と名付けて1年生が校外学習を行いました。

初めに、中部中学校の体育館で亀山警察の方を講師に迎え、交通安全教室を行いました。自転車の乗り方について、子供たちは真剣に耳を傾けていました。自身の自転車の乗り方を見直す機会となったと思います。

 

 

 

 

 

続いて、東野公園までは雨が降りしきる中徒歩での移動となりました。レインコートを着たり、傘をさしたりと、大変な状況でしたが、最後まで元気よく歩くことができました。

公園の体育館では〇✖ゲーム、クラスアート、障がい者スポーツのボッチャを行いました。

クラスアートでは、各クラスが体育館シューズで思い思いのハートを作成しました。短い時間でしたが、クラスでよく話し合い、協力して心に残るハートができました。

 

 

 

 

 

ボッチャは、1年生のほとんどが未経験のスポーツであり、初めて触ったボールには「意外に重い。」などの声もありました。ボールはなかなか思ったように転がりませんでしたが、うまく転がすことができたときは歓声をあがっていました。友人と楽しみながらも、新たな経験をすることができ、障がい者理解にもつながりました。

 

 

 

 

 

 

お互いをさらによく知り、学級・学年の団結力も深めることができた非常に良い1日になりました。