夏の大会・コンクール等の壮行会

7月20日(月)~24日(水)にかけて行われる鈴亀地区中学校総合体育大会と、7月28日(日)の吹奏楽コンクール、8月26日(月)・27日(火)の中体連地区陸上の壮行会が行われました。

各クラブの代表が、大会・コンクールに向けての意気込みや決意などを語るとともに、みんなの応援をお願いしていました。

また、校長からは校訓の「友・根・謝」の字句をもとに、大会に臨む選手たちへの激励のことばが贈られました。

悔いのないよう全力で大会・コンクールに臨み、笑顔で終えられるように頑張ってきてください。

2年性教育講演会

7月11日(木)の3・4限目を利用して、松阪済生会病院助産師の山本久代さんを講師に迎え、「命って、あったかいよ」という演題で性教育講演会が行われました。

思春期の青少年の性の悩みをはじめとして、自分をコントロールすることや自分を大事にすること、そして命の大切さを、山本さんの体験談も交えながら軽妙な語り口で熱く語っていただきました。
2年生の生徒たちも、暑い中、真剣な表情で講演に耳を傾け、スクリーンに見入っていました。
今回の講演を、これからの生活に活かして欲しいものです。
これを機に、ぜひご家庭でも「性」や「命」をテーマに親子で話をしてみてください。

震災ボランティア講演会「忘れてはいけない3・11」

6月21日(金)学校公開デーで、校区みどり町在住の岡田義昭さんをお招きして、「忘れてはいけない3.11」と題した講演会をおこないました。
岡田さんは、東日本大震災後に岩手県山田町で4度にわたるボランティア活動に携わった経験や思いを、丁寧に語ってくださいました。

《生徒の感想より》
・ボランティアに行っている人たちは、自分が大変になることも気にせず、他の人のために日々努力していることを改めて知りました。私は自分のしたいことを優先してしまうのですが、その中でも自分より人を優先できるのはすばらしいと思います。
・自分が今住んでいるところでも、いつ地震がくるかわからないから、日頃から防災の備えをしておいたり、家族でいろいろ話し合ったりしておかないといけないと思いました。お店などにある募金箱にも協力したいと思いました。